レンタルサーバーが速いとSEOに効果がある?【ネットショップの集客WEB】
Yahoo!リスティング広告

決済方法は?クレジットカード?郵便振替?

8.gif
ネットショップを開業する上で重要なことのひとつに「決済方法」ということがあげられます。購入してもらった代金をどうやって回収するかということです。


今どき「現金書留にて...」などという支払はナンセンスですよね。もしもあなたのショップの支払方法が「現金書留のみ」などと表記していたら、それだけで売り上げはガタ落ちになってしまうこともあり得ます。


かといってカード決済のみというのも問題です。お客様の利便性や安心感を得られるよう、何種類かの決済方法を選択できるようにするのが最善ですネ。


ではネットショップでの代表的な決済方法にはどんなものがあるでしょう。


① 銀行振込

② 郵便振替

③ 代金引換

④ クレジットカード決済

⑤ コンビニ決済


などが代表的な決済方法となります。

ここで、ネットショップの決済方法の利用率に関するある調査データの一部を見てみましょう。


A パソコン周辺機器などのショップの場合、クレジットカードか代引きが大半

B ご当地名産品店などのショップの場合、代引きと郵便振替、銀行振込が大半

C 自然食品のショップの場合、代引きと郵便振替が大半


この結果をどう見るか?

Aの場合、利用者の多くが30代前後でITレベルも比較的高い人の利用率が多く、クレジット決済にあまり抵抗感がなく、またPCソフト等の場合クレジット決済だと、その場ですぐに決済してダウンロードできるといった面もありカード決済の利用者が多いのではないでしょうか。


またBやCの場合、地方の特産品や菓子などの購入者は比較的年齢層が高く、クレジット決済には若干抵抗感がある人が多いという傾向があると考えられます。


これは確かに推論かもしれませんし、決済方法についてはショップ側が何を勧めて誘導しているかという面にも左右されるかもしれません。


しかし、インターネットを利用した商品購入が当たり前の日常となったからといって決済も電子決済が万能かと言えば、答えはNOなのだろうと言えます。

扱う商品によって、またその購入層によってベストな決済方法には違いがあるということは認識しておいた方がよいでしょう。


「郵便振替や銀行振込は面倒」と思いがちですが、年齢層の高い方々にとっては一番安心できる方法なのかもしれません。特に地方都市の場合は銀行よりも郵便局の方が身近な存在ということも多いのです。


では、それぞれの決済方法について具体的に見てみましょう。


≪郵便振替と銀行振込≫
どちらも口座があれば手続きなしでスタートできる決済方法です。手数料がお客様負担となってしまうので特に銀行の場合はゆうちょ銀行よりも高くなってしまいます。


しかし、年齢の高い層には安心感のある支払方法と言えます。また地方都市の場合は銀行よりも郵便局がより身近な存在ということも多いです。

≪代金引換≫
郵便局や宅配業者が商品配送時にお客様から代金を回収してくれるサービスです。購入者にとっては、カード番号の入力に対する手間や不安が解消できますし、銀行やコンビニに支払に行く手間もなく玄関先で決済できるというのがメリットです。またショップ側にとっては代金未回収のリスクを軽減することができます。ただし、万が一お客様に受取拒否をされた場合、処理が煩雑になることもあります。


代引きはお客様にとっては利便性や安心感は向上しますが「手数料」が発生してしまうというデメリットもあります。だからといって手数料を全てショップ側の負担にしてしまったのでは利益が圧迫されてしまいます。よく見かける「○○円以上お買い上げの場合、代引き手数料無料」などといった方法は購買意欲を高める上でも有効な手段と言えますネ。


代引きサービスをするためには運送会社と契約をしなければなりません。申し込みをしたからといってすぐに利用できるわけではなく、審査もあります。予想以上に日数がかかることもありますので早めに手続きをすることをお勧めします。開業前のネットショップの場合、商品価格のわかるもの(カタログやチラシなど)なども申込書と一緒に出さなければなりません。特にカタログなどが無い場合は商品画像と価格をプリントしたものでも大丈夫なようです。

≪クレジットカード決済≫
お客様にとっては24時間いつでもその場ですぐに決済を完了することができるというメリットがあります。最近は様々な支払をできるだけカードで行いポイントを貯めるという方も多く、ネットショップの決済方法としては利用率の高い決済方法です。しかし、カード情報を入力することへの抵抗感がある人は少なくはないというのもまた事実です。


一方、ショップにとっても代金未回収のリスクが比較的低く、購入手続きから発送までの時間が短縮されるので商品の取り置き期間が短く済むというメリットがあります。しかし、カード決済の場合は手数料がかかります。


手数料は決済を行う代行会社によって様々ですが代金の5%前後というのが相場です。また契約時に支払う初期費用も無料~20万円と大きな差がありますし、月額固定費も無料~3万円と様々です。料金や使い勝手の良さなどをしっかりと比較検討しサービス会社を選びましょう。


≪コンビニ決済≫
お客様が自分でどこかに出向いて支払をするという方法の中ではコンビニは銀行や郵便局以上に身近な存在と言えるかもしれません。24時間いつでも支払可能ということも利用者にとってのメリットと言えます。またショップ側にとってもお客様に伝える「お支払い番号」に取引情報や金額が含まれているため金額間違いの誤入金リスクを低減できます。

しかし、個人のネットショップが独自にコンビニ決済を導入することは非常に厳しいです。カード決済同様に決済代行会社と契約する必要があります。こちらも請求額の3~5%程度の手数料がかかりますし、月額固定費も発生します。


取扱高に応じて変動するという場合が多いので、ご自分のショップの売上や各決済の利用率を見極めて最適なプランを選択しなければショップにとって大きな負担となってしまいます。

ある市場調査では、「自分が利用したい決済方法がない場合購入をあきらめてしまう」という人が75%以上いたそうです。


決済方法にはそれぞれにメリットデメリットがあります。どのお客さんにとっても万能という決済方法はありません。年齢層やライフスタイル、それぞれの考え方によってベストな決済方法は変わってきます。ネットショップを開業するにあたっては、決済方法は必ず何種類か用意しておくことが大切です。


また便利なサービスには必ず手数料負担が発生します。利益の薄い商品を扱うショップの場合、こういった手数料の負担が予想以上に重くのしかかってくるということも多いです。


お客様の利便性も大切ですが、経費倒れになってしまっては元も子もありません。なので、自分のショップに合った決済方法の組み合わせをしっかりと検討し導入していきましょう。




SEOに効果がありそうな高速レンタルサーバー

エックスサーバー

エックスサーバ



お名前.com レンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバ



国内最大級「アイクラスタプラス」(旧アイル)

アイクラスタプラス


Topics

Mキューブの効果:宇都宮のエステサロン

宇都宮市在住のMちゃんに自宅エステサロンの体験に行った時のことを色々教えて貰ったんですけど、Mキューブっていうカッピングのマシンがすごく気持ちよかったらしい。宇都宮 自宅エステで悪血がいっぱい出たって言ってました。

ネットショップを開業する上で重要なことのひとつに「決済方法」ということがあげられます。購入してもらった代金をどうやって回収するかということです。 今どき「現金書留にて...」など…
インターネットを通じて商品の売買を行う窓口のことを「ネットショップ」と定義するならば、 「ドロッ・・・ドロップシッピングとネットショップの違い

Copyright (C) 2011 レンタルサーバーが速いとSEOに効果がある?【ネットショップの集客WEB】. All Rights Reserved. [admin]