レンタルサーバーが速いとSEOに効果がある?【ネットショップの集客WEB】
Yahoo!リスティング広告

売れるネットショップに必要なアレコレ

4.gif
ネットショップの目的は、売りたい商品を紹介し、訪問したお客様に買ってもらうということです。


様々な情報を提供するサイト等とは明確な違いがあります。


どんなに見た目に素晴らしいサイトであっても商品が売れなければどうしようもありません。


ネットショップを作る上で押さえておきたいポイントをいくつか考えてみたいと思います。

≪ネットショップであるということを明確に≫
まずは訪れた人に対して「ネットショップ」であるということを明確に伝えることが重要です。その具体的な方法としては「○○のお店 ××」や「○○通販 ××」などといったように、ネットショップであるということをダイレクトに表現することが効果的です。


あるいは季節や期間限定のキャンペーンなどの表記を大きなバナーで表示したりすることも効果的です。


≪特徴のあるロゴデザインで視覚的に訴求≫
ショップの名称や売っている商品のイメージを視覚的に伝える上でショップのロゴデザインはとても重要なポイントとなります。実際の店舗に看板があるのと同じで、ロゴデザインはお客様に対して与えるイメージを大きく左右します。


女性客を相手にしているのか?中高年がターゲットなのか?若い男性向けなのか?扱っている商品やターゲットに合わせた工夫も必要でしょう。


またお店の名前などをお客さんに覚えてもらう上で、ロゴデザインはトップページだけでなく、その他のページ全てに配置することが大切です。インターネットユーザーがホームページを見る際、一般的にFの字を描くように目線が動くと言われています。


つまり、ページの上の方は左右ある程度端から端まで見ますが、その後はあまり右方向に目線は行かずに縦方向に流し見になるということです。ですから、ショップのロゴを配置するのはページの左上というのは定石と言われています。

≪まめに情報が更新されているか≫
ネットショップに限らず、アクセス数の多いサイトというのはまめに更新がなされているサイトです。


例えば4月にアクセスしたときにまだ「バレンタインセール」などという表示があると「このお店、大丈夫かな?」なんて思われてしまいますよね。お客様に与える信頼という面でも大きな損失になるといっていいでしょう。


季節限定などの商品表示やキャンペーン表示などは、セール終了後にしっかり削除したり次のセール表示に切り替えるなど、まめな更新作業は必須です。


また「ちゃんと更新してますよ!」ということをアピールする方法としては【最新情報】とか【更新情報】などといった情報欄を配置して新商品情報やキャンペーン、セール広告などを告知するという方法もあります。


食料品等の生ものを扱うお店ではなくても、サイトの鮮度は非常に大切だということを肝に銘じておきましょう。


≪見る者にとってわかりやすい情報配置を≫
個性的なサイトづくりで訪問者の目を引くという考え方も大切ですが、あまりにも奇をてらったサイトは、かえって訪問者に混乱を招くこともあるので注意しましょう。


一般的なショップサイトのレイアウトは、ページの上部にショップ名等を記したロゴデザインがあり、中央部に商品情報、そして下部にショップの連絡先等の情報、またページの左右どちらかに各種のメニュー項目を一覧にして配置されているというパターンです。


皆がそうしているから自分のサイトもそうしなければならないのか?と言われれば、もちろんそうではありませんが、ネットで買い物をする人にとって「最も見なれている構造」であるということはとても重要なポイントです。見なれている=扱いやすい=目的の商品にたどり着きやすい ということなのです。


せっかく訪れてくれたお客様が目的の商品ページに行き、購入手続きまでたどり着いてもらい、「普段やりなれた操作」で決済まで進んでもらうためには一般的なレイアウトパターンというのは決して無視できない構造なのです。

≪お客様目線の商品分類を≫
お客様は色々な目的を持ってネットショップに来店します。商品探しの方法も様々です。お酒などのようにワイン、日本酒、焼酎などと明確な分類方法があるような場合ならわかりやすいですが、そうでない場合は商品分類の方法も様々考える必要があります。


例えば古着を扱うショップの場合。「Tシャツ」や「パンツ」といった分類はもちろんですが、男女、用途、年齢、サイズ、季節...etc.様々な分類方法が考えられます。あまり細分化し過ぎても分かりにくくなってしまいますが、お客様が目的の商品を探す上ではとても重要な情報となります。


ひとつのページの中に、女性向けのワンピースから男性向けのワイシャツや子ども服までが一緒に並んでいたのでは、お客様にとって不都合極まりないですよね。在庫管理などの運営側の使いやすさではなく、自分が買い物をするなら、どんな風に分類されていたらわかりやすいか?というお客様の目線に立った商品分類をしっかりと考えることが大切です。

≪触れられないからこそ商品写真は重要≫
ネットショップにとって最も重要なページは商品ページです。


売るためには、その見た目は非常に重要なポイントとなります。


特に商品写真はお客様が目にする最も重要なポイントです。ピンボケだったり構図が悪かったりするだけで、その商品価値まで下げてしまうことにもなりかねません。自分で写真を撮る場合はしっかりと三脚を使用し背景色などにも注意しましょう。


写真は1枚だけでなく、細かな部分のアップ画像であったり、上下左右複数の方向から撮影したものが見れるようにしたりすることが大切です。また商品によって異なりますが、大きさが気になるような小物や雑貨などはタバコや雑誌など、誰もが身近にあるものを一緒に写して大きさを実感してもらうという方法も有効です


。実際の店舗であれば手にとってしっかりと見て商品を確認することができますが、ネットショップではそれができないということが最大の難点です。それを少しでも解消し、お客様に商品を理解してもらう上での工夫はとても重要です。




SEOに効果がありそうな高速レンタルサーバー

エックスサーバー

エックスサーバ



お名前.com レンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバ



国内最大級「アイクラスタプラス」(旧アイル)

アイクラスタプラス


Topics

ミュゼの口コミを教えてください

よく電車のなかで広告を見かけるミュゼプラチナムというサロンで全身脱毛してもらおうかと思ってるんだけど、全部でいくらぐらいになるのか?

ワキ脱毛のキャンペーンとかの価格は安そうなんだけど、ミュゼの全身脱毛6回コースとかの本当の値段を知りたいです。やはり、カウンセリングとか行かないとダメなのかな?

ネットショップの目的は、売りたい商品を紹介し、訪問したお客様に買ってもらうということです。 様々な情報を提供するサイト等とは明確な違いがあります。 どんなに見た目に素晴らしいサイ…
インターネットを通じて商品の売買を行う窓口のことを「ネットショップ」と定義するならば、 「ドロッ・・・ドロップシッピングとネットショップの違い

Copyright (C) 2011 レンタルサーバーが速いとSEOに効果がある?【ネットショップの集客WEB】. All Rights Reserved. [admin]