レンタルサーバーが速いとSEOに効果がある?【ネットショップの集客WEB】
Yahoo!リスティング広告
topページ >> ネットショップを始める >> 専業主婦が稼ぐと税的に不利?

専業主婦が稼ぐと税的に不利?

14.gif
専業主婦がお小遣い稼ぎとしてネットショップを始めるという方もずいぶんと増えているようですネ。


その際に心配になるのが「あまり稼いでしまうと
夫の扶養から外れてしまうのでは...?」ということ。


せっかく頑張って稼いでも、逆に税金等の負担が増えてしまったのでは元も子もありません。


では、年間でどれくらいの稼ぎがあるとどうなってしまうのか?ということを考えてみましょう。


よく「103万円の壁」とか「130万円の壁」といった言葉を聞くと思います。


また「38万円」という数字も目にしますよね。それらはいったい何を意味しているのでしょうか。


まず「夫の扶養から外れてしまう?」という言葉の中にある「扶養」という言葉の意味するところがはっきりしないため混乱してしまう方も多いですし、自分自身に関わる所得税の部分と夫に関わる所得税の部分とでの混乱も多いので整理して考えてみましょう。


① ご主人の所得税の計算時に配偶者控除を受けられるか

② ご主人の会社の扶養手当を受けられるか

③ ご主人の社会保険の扶養に入れるか

このように大きく分けて3つの意味が「夫の扶養」という言葉の中には秘められています。


まずは①について主婦である妻の所得税から考えます。


一般的に「103万円の壁」と言われていますが、これは主婦がパート等で働く場合に夫の(税金上の)扶養から外れないようにするには収入を103万円までにとどめておいた方がいいという意味で言われています。


所得税には様々な「控除」というものがあります。収入から控除を差し引いた金額が課税所得となるのです。


このときに誰にでもある控除として「基礎控除」というものがあり、これが38万円です。また給料をもらっている人には「給与所得控除」というものがあり、これが65万円です。


38万円(基礎控除)+65万円(給与所得控除)=103万円


つまり年収として103万円の給料があったとしても基礎控除と給与所得控除で103万円の控除があるので差引すると課税所得は0となるわけです。所得税はかかりません。


ここで一番大切なのは65万円の控除を受けることができるのは「給与所得者」だけだということです。


パートで働いている人とは違い、ネットショップは給与ではありません。基礎控除の38万円しか控除はないのです。


つまり、ネットショップでの所得(収入-経費)が38万円を超える場合は妻自身が所得税を払わなければなりません。


「家内労働者等の必要経費の特例(控除額65万円)」という制度もありますが、これは要件が決まっていて、ネットショップ運営などでの収入は該当しません。


基本的には基礎控除の38万円を超えた場合は税額が発生すると思って下さい。


さて、さらに①の「夫の扶養」ということについて、夫の側の所得税という面を考えてみます。


サラリーマンの夫の場合、「年末調整」というものがありますよね。生命保険料の控除証明書や住宅取得控除の証明書を勤務先に提出していると思います。


毎月、月給額に応じて所得税は予め源泉徴収されていますが「様々な控除を計算して最終的な年税額を確定させて過不足を精算する」というのがこの年末調整です。この様々な控除の中に「配偶者控除」というものがあります。


妻の所得(収入ではありません)が38万円以下であれば、夫は「配偶者控除」を受けることができます。38万1円となってしまうと「配偶者控除」は受けられなくなってしまうのです。


しかし1円超えたからといってすぐに控除額が0になってしまうわけではありません。「配偶者特別控除」という制度があり、妻の所得が38万円を超えて76万円までの場合に適用されます。

5万円単位で段階的に控除額が減っていき、76万円以上になってしまうと控除額は0となります。


38万円~40万円未満の場合の控除額は満額の38万円ですので「配偶者控除」と同額です。


つまり妻の所得が1円~399,999円までの場合は夫が受けられる控除額に変化はありません。適用される控除が「配偶者控除」か「配偶者特別控除」かという違いだけです。


ちなみにこれらは夫がサラリーマン等の給与所得者に限った話であり、仮に夫が自営業者の場合は扶養などということはほとんど関係ありません。


次に②についてですが、これはそれぞれの会社によって規定は様々なので個別に確認してみるしかありません。


最後に③の社会保険についてです。


これが「130万円の壁」といわれるヤツです。夫の勤務先で加入している社会保険の扶養に入る条件として、扶養者の年間収入で線引きが行われるのです。このラインが年収130万円ということで言われているのが「130万円の壁」です。


(ここで注意しなければならないのは130万円は「収入」であり「所得」ではないということです。経費等の差し引きは全く関係なくあくまでも「収入」つまり「売上」ということになります。)

しかしこの130万円という基準は法律などで全国一律に規定されているものではなく、健康保険の種類によってそれぞれ被扶養者の判定基準に若干の違いがありますので、金額や判断基準についてはそれぞれの協会や組合等に確認してください。


例えば夫の健康保険証の保険者名称が「全国健康保険協会(いわゆる協会けんぽ)」であれば130万円が壁になります。


年商で130万円を超えてしまうとご自分で国民健康保険と国民年金に加入しなければなりません。つまり新たに負担が発生するということになります。せっかく稼いでも負担が増えてしまってはトータルでマイナスということにもなりかねません。130万円~160万円くらいがレッドゾーンと言われています。


扶養に入ることを必死で考えてパートの収入を調整するのとネットショップは違います。扶養に入るためにあまり売れないようにするなんてことがあれば本末転倒のお話ですので、負担分を補えるくらいの売上(最低180万円くらい)を目指して、ぜひ頑張って欲しいと思います!


※尚、所得税法や被扶養の判断基準は改正になる場合がありますので最新の情報を必ず確認してください。




SEOに効果がありそうな高速レンタルサーバー

エックスサーバー

エックスサーバ



お名前.com レンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバ



国内最大級「アイクラスタプラス」(旧アイル)

アイクラスタプラス


Topics

専業主婦がお小遣い稼ぎとしてネットショップを始めるという方もずいぶんと増えているようですネ。 その際に心配になるのが「あまり稼いでしまうと夫の扶養から外れてしまうのでは...?」…
インターネットを通じて商品の売買を行う窓口のことを「ネット・・・ドロップシッピングとネットショップの違い

Copyright (C) 2011 レンタルサーバーが速いとSEOに効果がある?【ネットショップの集客WEB】. All Rights Reserved. [admin]