ネットショップ運営(景表法、薬事法、健康増進法に対する配慮)

景表法、薬事法、健康増進法に対する配慮

20.gif
サイト上で表示する商品説明やキャッチコピーなどの内容は、 様々な法律によって規制を受けます。


中でも重要なものが『不当景品類及び不当表示防止法(景表法)』や『薬事法』による規制です。


その他『健康増進法』や『特商法』でも様々な規制がありますので注意しましょう。


消費者に誤認されてしまうような不当な表示は禁止されています。


商品・サービスの品質や規格、価格や取引条件などについて、実際の内容や他と比べて著しく優れていたり有利であるかのように消費者に誤認させてしまう表示や誇大広告は違法です。


特に「食品」「飲料」「健康食品」「健康器具」「化粧品」などで人間の体への効果や効能を記載するには様々な条件があります。


「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」などは薬事法の規定があり、健康増進法で定められている「特定保健用食品」は、厚生労働省から承認を得なければいけないもので、認められた範囲でしか効果効能を記載することができません。


例えば、「ガンが治る」とか「○○治療に絶大な効果」などという表記は違法です。


原材料の表示に関しても注意が必要です。


● 実際よりも高価な原材料を表示する
● 高価な原材料を一部しか使用していないのに商品全体の原材料として表示する


このような表示は、商品の価値が実際よりも高いという消費者の誤認につながるため、違法表示となります。

例えば、以下のような表示は明らかに違法です。

● 原材料が「ベニズワイガニ」なのに「ずわい蟹」と表示すること。
● 材質の大部分は合成皮革なのに「牛革」と表示すること。
● 化学繊維が材料なのに「カシミヤ製」と表示すること。


仮に仕入先がこのような表示をしていたとしても、ショップ側にも責任が及んでしまいますので注意が必要です。


メーカーや仕入先が提供してくれる商品情報や商品画像はショップにとっては非常にありがたい便利なものですが、その情報や画像が法令違反である可能性もあるのです。


上記の様々な規制は「商品を売る側」への規制です。つまりショップオーナーであるあなたの責任になってしまうのです。


商品情報や画像などもサイトに表示する前にしっかりとその内容を確認するようにしましょう。

Topics

サイト上で表示する商品説明やキャッチコピーなどの内容は、 様々な法律によって規制を受けます。 中でも重要なものが『不当景品類及び不当表示防止法(景表法)』や『薬事法』による規制で…

インターネットを通じて商品の売買を行う窓口のことを「ネットショップ」と定義するならば、 「ドロッ・・・ドロップシッピングとネットショップの違いって?

ネットショップを出店する方法にはいくつかのパターンがあります。 個人の、 スキルや費用などによって・・・ネットショップの自力出店 ※パソコン技術と経営は別物

専業主婦がキャッシング審査に通るために、そして。お小遣い稼ぎとしてネットショップを始めるという方も・・・103万円の壁 ※専業主婦がネットショップで稼ぐと税的に不利?

ネットショップで取り扱う商品によっては、 事前に許認可や届出が必要なものがあります。 これからショ・・・ネットショップを運営するうえで許認可が必要な商品とは

商品を仕入れる上で考えておかなければならない注意点をいくつか見てみましょう。 『安さにつられての大・・・ネットショップ開業 ※仕入れの注意点あれこれ

(C)レンタルサーバーが速いとSEOに効果がある?【ネットショップの集客WEB】. All Rights Reserved.
[admin][sitemap]